ヤマイチの恐竜図鑑

恐竜たちの魅力を発掘!

プレシオサウルス

Posted by ヤマイチ on   0 

「 プレシオサウルス 」



プレシオサウルスはジュラ紀に生息していた首長竜です。化石の発掘当初は水生生物でありながら爬虫類に近いことから「爬虫類に近似した」という名前がつけられました。
有名な未確認生物「ネッシー」は、プレシオサウルスの進化したものではないかと仮定されていました。

◾️特徴
あまり体の大きな種ではなく、2mを超える程度しかありませんでしたが、長い首とカヌーのパドルのようなヒレで高い機動性を備えていました。また、尻尾は泳ぐ為の機能はありませんでした。


◾️食性
主にイカや魚類などを捕食していたようです。
長い首とヒレを活かして魚を追って捕食していたと考えられています。
また、歯の形から海底の貝や甲殻類を砂ごとすくい、うまく砂を吐き出して食べていたという説もあります。





首長竜は、映画やアニメ、ネッシー伝説などでも有名ですね。
私もプレシオサウルスという名前は、子どもの頃に観た「遠い海から来たQoo」という映画で覚えました。

今回調べてみて、プレシオサウルスがこんなに小さかったんだということを知って驚きました。以前紹介した「フタバスズキリュウ」や有名な「エラスモサウルス」等と混同しがちなので覚えておこうと思います。


イクチオサウルス

Posted by ヤマイチ on   0 

「 イクチオサウルス 」




イクチオサウルスはイルカのようなフォルムの海洋爬虫類で、数百にも及ぶ完全な骨格が発見されていることから知名度が高く、研究も進んでいる魚竜です。
体は平均2〜3m程で、同時代の海洋爬虫類と比べるとかなり小さなものでした。
(近年では10mを超える化石も見つかっており大きさは様々だったようです)

◾️特徴
大きな背びれがあり、四肢はヒレ脚となっています。ヒレ脚は前肢と後肢で大きさが異なり、皮膚は滑らかで口には小型の尖った歯が並んでいました。
胎児を身籠っている化石も見つかっており、胎生であったことが分かっています。

◾️食性
主にイカや魚類などを食糧そしていたことが糞の化石から判明しています。
発達した大きな耳骨を持っていたことから、獲物となる小さな海洋生物が起こす小さな振動を感知して狩をおこなっていたと考えられています。





魚竜の代表格、イクチオサウルスに再度挑戦しました。
今回は、特徴のひとつである強膜輪(目の周りにある骨)に覆われた大きな目にこだわってみました。復元図でもいろいろな目が描かれて、どんなのにしようか悩んだのですが、最終的にカメレオンの目をモチーフにしてみました。同じ爬虫類なので、もしかしたらこんな目だったかもしれません。


ステノプテリギウス

Posted by ヤマイチ on   0 

「 ステノプテリギウス 」

Stenopterygius




太古のイルカ「ステノプテリギウス・クアドリスキッサス
」を紹介します。

ステノプテリギウスはイングランド、フランス、ドイツ、ルクセンブルク、スイスなどヨーロッパで発見された魚竜です。最大4メートルに達しました。


◾️特徴
イクチオサウルスに似ていますが、イクチオサウルスよりも頭部が小さくヒレも細かったようです。頭部はクチバシのように広がり、大量の歯が生えていました。
尾は皮が張った半円形のの垂直な尾びれで、尾の部分にある尾椎が折れ曲がり尾びれを形成している特殊な構造でした。
高速遊泳に適した体の構造で、最高速度は1.5メートル、マグロと同じ速さでした。
見た目や生態は現代のイルカに近いですが、海洋爬虫類であり、つながりは全くありません。
また、母親の胎内で孵化してから生まれる卵胎生であり、出産中の化石が有名です。


◾️食性
生涯の大半を沖合で過ごしており、魚やアンモナイト、イカなどを捕食していたようで、捕食した一部が化石として残っているのが確認できます。





今回は魚竜に挑戦してみました。
骨格が特徴的だったので、骨格をベースに描いて作っていきました。
パーツがあまり分かれていない為、作りやすかったです。
色味が少し物足りなかったのでイタチザメの模様を入れてみました。



イクチオサウルス

Posted by ヤマイチ on   0 

「 魚竜代表 イクチオサウルス  



「イクチオサウルス」は、数百にも及ぶ完全な骨格が発見されていることから、最も広く名前が知られていおり、研究も進んでいる魚竜です。

イルカのような流線型のフォルムに大きな背ビレ、尾びれはサメのような垂直な半月状でお腹には4つのヒレ脚が特徴です。
皮膚は滑らかで、口の中には肉食動物のような小さな尖った歯が並んでいます。

発達した大きな耳骨を持っていたことから、獲物となる小さな海棲生物が起こす小さな振動をキャッチして狩を行なっていたのでは、と考えられています。
また、発見された化石から、卵を腹の中で孵化させる卵胎生であったことも分かっています。

目が大きく可愛らしく見えますが、実際に海にいたらちょっと怖いですね。


フタバサウルス

Posted by ヤマイチ on   0 

「 日本で発見された首長竜 フタバサウルス 



今回は日本で発見された恐竜(古生物)第2弾「フタバサウルス」を紹介します。和名の「フタバスズキリュウ」の名で有名な首長竜です。
1968年、当時高校生だった鈴木さんが発見し日本で初めて発見された首長竜として話題になりました。2006年に新種であることが判明し学名「フタバサウルス・スズキイ」と命名されました。

私が小学生の頃はまだフタバスズキリュウの名前で図鑑に載っていたのですが、最近の図鑑ではフタバサウルスの表記になっているものが多いようです。

今回フタバサウルスを描くにあたって、全身骨格が展示されている「国立科学博物館」の展示品を見本にしました。まだ行ったことがないので、一度は行って実際の展示を見てみたいです。

ちなみに「首長竜」という名称はこのフタバスズキリュウの発見に伴って造られたそうです。


このカテゴリーに該当する記事はありません。