ヤマイチの恐竜図鑑

恐竜たちの魅力を発掘!

ステゴケラス

Posted by ヤマイチ on   0 

「 ステゴケラス 」


今回は中型の堅頭竜「ステゴケラス」を紹介いたします。

パキケファロサウルスなどが有名な堅頭竜類ですが、あまり化石が見つかっておらずまだまだ謎が多い種類ですが、そんな中でステゴケラスは、ほぼ全身の化石が見つかっているという非常に希少な恐竜です。ですので、他の堅頭竜たちは、このステゴケラスの情報がベースとなっているのです。


◾️特徴
堅頭竜は別名「石頭恐竜」と呼ばれ頭の骨が分厚くヘルメットのようになっていました。この頭をぶつけ合って縄張り争いをしていたのではと考えられています。
また、前足が短い為、2足歩行だったと推測されます、また指は5本あり、物を掴むことができたとされています。
体は細く、身軽で後ろ足が長かったことから足が速かったと考えられています。


◾️食性
基本は植物食と考えられていますが、小さな歯の一部のフチがノコギリ状になっていて植物以外にも昆虫を捕食していたという説や雑食性だったという説もあります。





石頭恐竜のステゴケラスを描いてみました。
特徴的な頭の堅そうな感じが上手くかけた気がします。
今回は走っている感じを表現したかったので、描いた後にボカシ処理をかけて疾走感を出してみました!




スティギモロク

Posted by ヤマイチ on   0 

「 スティギモロク 



「スティギモロク」は、ドーム状のアイアンヘッドと後頭部のトゲがトレードマークの石頭竜(堅頭竜)です。

ドラコレックスと共にパキケファロサウルスの成長中の個体ではないかという説があり、その存在もパキケファロサウルスの陰に隠れがちでしたが、近年「映画 ジュラシックワールドシリーズ」に登場したことで、人気が急上昇しました。

まだまだ謎の多いスティギモロク、その正体と人気に今後も注目の恐竜です。


ドラコレックス

Posted by ヤマイチ on   2 

「ドラゴンの仔? ドラコレックス  」



今回紹介するのは「ドラコッレクス・ホグワーツィァ」です。
名前の由来は、映画「ハリー・ポッター」に出てくる「ホグワーツ魔法学校」にちなんでいます。2003年にアメリカで発見されたのですが、発見された時に「ドラゴンの骨が出た!」と驚いたとか、、

最近の研究では、前回紹介した石頭恐竜「パキケファロサウルス」の幼体だという説が濃厚になってきているようです。

私が最初に「ドラコレックス 」の名前を見た時は、なんとなく「ハリー・ポッターに出てきそうなファンタジーな名前だな〜」と思ったのですが、調べてみるとまさか本当にそこに由来しているとはと驚きました。
パキケファロサウルスの幼体ということが立証されたら、ドラコレックス という名前はなくなってしまうのでしょうか??

パキケファロサウルス

Posted by ヤマイチ on   0 

「石頭恐竜 パキケファロサウルス」



石頭が特徴の堅頭竜「パキケファロサウルス」です。
頭をぶつけ合っている姿が有名で、知っている方も多いのではないでしょうか?
石頭はなんの為なのか、長年「山羊」が角を打ち付け合うようにメスを巡って争う為や、群の中の順位を決める為に使われていたと考えられていました。しかし、近年では頭突きの衝撃に頚椎や骨が耐えられないのではないかという説も出てきていて、知名度の高さに反してまだまだ謎の多い恐竜です。

個人的な思い出としては、弟が小学生の頃に一番好きな恐竜だと言っていた覚えがあります。パキケファロサウルスの真似だと言って頭突きをして来たのを思い出しました。



このカテゴリーに該当する記事はありません。