ヤマイチの恐竜図鑑

恐竜たちの魅力を発掘!

コンプソグナトゥス

Posted by ヤマイチ on   0 


「小さなハンター コンプソグナトゥス




恐竜と聞くと大きいイメージがあると思いますが、今回紹介するのは小型の肉食恐竜「コンプソグナトゥス」です。

現在化石が見つかっているもので70〜140㎝と成長しても手のひらに乗るくらいの大きさの恐竜です。化石の胃の部分からトカゲの骨格が発見されていて、小型の爬虫類や昆虫を捕食していたのではと考えられています。

コンプソグナトゥスを一躍有名にしたのが某有名恐竜映画です。そこでは、ピラニアのように集団で自分より大きな獲物に襲いかかる凶暴な生物として描かれていましたが実際の根拠はなく、あくまでフィクションとして描かれています。ですが、その印象は強く、私自身もその映画の影響で怖い恐竜というイメージを持っています。



アロサウルス

Posted by ヤマイチ on   0 


「ジュラ紀の王 アロサウルス




今回は「アロサウルス・フラギリス」通称「アロサウルス」を紹介します。
THE 肉食恐竜というフォルムですね。恐竜好きの間でも非常に人気の高い恐竜で、日本で最初に全身骨格の展示が行われたことでも有名です。

大型の肉食恐竜ですが顎の力はライオンより弱かったようで噛み付くより大きく開いた顎を振り下ろし鋭利な歯で切り裂いて獲物を仕留めていたのではという説があります。

子どもの頃、近所に住んでいた仲の良い友達が「アロサウルスが一番好き」と言っていたのが印象的で個人的に思い入れが強い恐竜です。



このカテゴリーに該当する記事はありません。