ヤマイチの恐竜図鑑

恐竜たちの魅力を発掘!

恐竜図鑑④

Posted by ヤマイチ on   4 

「別冊 恐竜図鑑④」


「 恐竜の生息地(発見地) 

今回は、恐竜の生息地(化石の発見地)についてご紹介します。

恐竜は中生代、地球のあらゆるところで生息していました。
発見された恐竜の種類においては北アメリカ大陸が最も多くなっていますが。
アジアの中国やモンゴルなども多くの恐竜が発掘されています。

恐竜が見つかった大陸別で紹介していきます。


kyouryuuzukan4

北アメリカでは、発見された種類が最も多く、恐竜の王様ティラノサウルスや人気のトリケラトプスといった有名な恐竜も発見されています。

南アメリカでは、アルゼンチノサウルスや最大級の肉食恐竜ギガノトサウルスなど、巨大な恐竜の化石が多く発掘されています。

アジアでは、ヴェロキラプトルやデイノケイルスなどが発見されたモンゴルが世界的には有名ですが近年では日本でも化石が発見されています。

ヨーロッパで発見された化石は比較的古い時代から生息していた恐竜が特徴で、三畳紀やジュラ紀などに繁栄した恐竜の化石が多く見つかっています。世界で初めて発見された恐竜メガロサウルスもヨーロッパです。

南極付近は中生代はジャングルだったとされています。クリオロフォサウルスの化石が発見され、後の南極での化石発掘につながりました。


世界各国で化石が見つかっていることから恐竜がいかに地球上に栄えていたのかがよく分かりますね。

生息地によってどの恐竜が一緒に生活していたり、闘ったりしていたのかを想像するのも楽しいですよ。




別冊恐竜図鑑③

Posted by ヤマイチ on   0 

「別冊 恐竜図鑑③」



「 恐竜の名前 

今回は、恐竜の名前についてご紹介します。
恐竜にも動物と同じようにそれぞれに名前がついています。
名前は「国際命名規約」に従い、ラテン語であることが決まりで、発見された恐竜はその特徴を元にラテン語に訳してつけられているそうです。


 〜サウルス 

みなさん恐竜と聞くと「〜サウルス」という名前が思い浮かぶかと思います。
サウルスはラテン語でトカゲという意味で、一番最初に名付けられた恐竜が「メガロサウルス=巨大なトカゲ」を意味しました。
昔は同じ種類の恐竜は最初の名前に習うという修正が強かったので「特徴+サウルス」という名前が恐竜の中で定番化されました。





〜ケラトプス

「ケラトプス」は「角の顔」という意味です。私の好きな「トリケラトプス」もその特徴のまま「3本の角のある顔」という意味で名付けられました。





〜ラプトル

映画などで人気が高い「ラプトル」は「泥棒、略奪者」という意味です。当初は、狩をする恐竜につけられた名前でしたが映画の影響もあり小型の肉食恐竜につけることが多くなりました。





発見された地名から

化石が発見された場所や地名から名付けられる場合も多くあります。特に日本の恐竜は地名からきている名前が多く感じます。





近年では、映画から名付けられた恐竜やゲームに出てきそうなおもしろい名前の恐竜などもでてきています。由来なども知るともっと恐竜の魅力を知ることができるかもしれませんね。










別冊恐竜図鑑②

Posted by ヤマイチ on   0 

「別冊 恐竜図鑑②」


「 恐竜時代 

別冊恐竜図鑑 第2弾は、恐竜の生きていた時代について紹介します。
恐竜は今から約2億5190万年前〜6600万年前「中生代」という時代に生きていました。恐竜時代は大きく分けて3つ「三畳紀」「ジュラ紀」「白亜紀」に分けられます。


地球上を支配していた恐竜は、白亜紀の終わり今から約6600万年前に突如姿を消してしまいます。
説はいろいろありますが、一番有力なのは、隕石の衝突によるものだと言われています。それによってほとんどの生物が消えてしまいましたが、生き残った哺乳類の一部から今の人類へとつながって行きました。


今まで紹介した恐竜図鑑の中でも、どの時代に生きていたのか紹介しています。
どの恐竜が同じ時代で共存していたのかなど、想像しながら見てみるのも面白いですよ。

別冊 恐竜図鑑

Posted by ヤマイチ on   0 


「 別冊 恐竜図鑑 ① 

「ヤマイチの恐竜図鑑」は、大好きな恐竜の魅力を紹介したいという想いで、はじめました。基本的には一体一体にスポットを当てて紹介してきますが、恐竜自体のことも知っていたほうが絶対に楽しい!ということでいつもと違うカタチで紹介させていただきます。


「恐竜ってなに?」


そもそも恐竜とはなにを指すのでしょうか?
恐竜は恐竜時代の「は虫類」から進化しました。
大きな進化は足のつき方です。は虫類は足が横についていますが恐竜は下につくようになりました。これによって恐竜はより早く走れるようになり、より大きくなることができたのです。



「恐竜のタイプ


恐竜は、大きく鳥盤類と竜盤類の二つのグループに分けられますが、約1億6000万年のあいだに、さまざまなタイプに分かれて行きました。






「実は恐竜じゃない生き物」


恐竜時代には恐竜ではない生き物も多数存在していました。
恐竜と混同されがちですが、実は恐竜ではない生き物(古生物)がこちらです。




以上今回は恐竜のタイプについて紹介させていただきました。

私は恐竜とは違う古生物も大好きなので「ヤマイチの恐竜図鑑」では紹介させていただきます。

今後もいろいろな恐竜、古生物を紹介していきますので、お楽しみに!



このカテゴリーに該当する記事はありません。