ヤマイチの恐竜図鑑

恐竜たちの魅力を発掘!

トゥパンダクティルス

Posted by ヤマイチ on   0 

「 トゥパンダクティルス 」



ブラジルの白亜紀前期から知られる翼竜類の属の一つです。
近年までは「タペジャラ」という翼竜の一種と考えられていましたが、2007年に新属として新しく名前がつけられました。

◾️特徴
頭の上と後ろに伸びた骨の間にヨットの帆のような軟組織の膜が張っていたとされ、自らの頭部よりも大きなトサカを持っていました。その大きなトサカは仲間に対する信号やディスプレイに用いられたと考えられていますが、正確には分かっていません。

◾️食性
食性に関しては、はっきりしていませんが、他の翼竜と同様に魚食性だったと考えられる一方で、これまで発見されていなかった果実食性の翼竜ではないかという仮説もあります。これは、その嘴が果実食性の鳥類とよく似ていることや、魚を捕っていたにしては口吻が短く巨大なトサカが邪魔になっていたであろうこがあげられます。





トサカが印象的な翼竜で、初めて見たときは驚きました。こんな大きなトサカでは飛びづらい気がするのですが、なぜこのように進化したのでしょうか?
描いてみると、トサカが思ったより大きく見えず何度かやり直しました。
パソコンで描くとゼロから描き直さなくて良いので助かります。


シノマクロプス

Posted by ヤマイチ on   2 

「 シノマクロプス・ボンデイ 


​Sinomacrops

「シノマクロプス」は、今年の3月に論文が発表された翼竜です。
コウモリやモモンガのような姿で、映画「スターウォーズ」に出てくる「ポーグ」というキャラクターに似ているということでSNS上でも話題になっています。

森林で暮らしていて、暗闇の中で活動し、虫などを食べていたと考えられています。

大きな瞳が最大の特徴で、体には膜状の翼があり、皮膚は毛皮のようなもので覆われていました。


はじめて見たときは、やはりその見た目に驚きました。
翼竜といえばプテラノドンみたいなやつを連想しがちですが、こんな可愛いのもいたんだと知りました。現代になってもどんどん新しい種が発表されていることからも古生物の深さを感じます。


ケツァルコアトルス

Posted by ヤマイチ on   0 

「 史上最大級の飛翔生物 ケツァルコアトルス 



翼竜「ケツァルコアトルス」を紹介します。
特徴はなんといってもその大きさ!2020年現在で史上最大級の飛翔生物です。
翼を広げると約10〜12m(現在も討論は続いてます)、地上に降り際には体高約6mキリンに匹敵すると言われています。さらに、他の翼竜と同様に骨の中は空洞になっており成体でも70kg程しかなかった(私より軽い、、)と言われています。

しかも彼らは、プテラノドンと違い、上昇気流の助けを借りることなく自力で離陸することができたと推測されています。

食性は長い嘴からアオサギのような魚食動物であったという説やコウノトリのように平原や湿地の地上を歩き小動物を啄んでいたという説、ハゲワシのようなスカベンジャー(屍肉を漁り)だったという説まで様々です。



翼竜でこの大きさ!そして見た目の衝撃がすごいですよね(化石を元に描いたのですが頭がちょっと大きすぎたかもしれません)最初は「バジャダサウルス」と同じくゲームで知ったのでゲームオリジナルの生き物だと思いました。こんな大きいのが翔んでいたなんて信じられませんよね。

ディモルフォドン

Posted by ヤマイチ on   0 

「 ディモルフォドン



小型の翼竜ディモルフォドンを紹介します。
名前は前顎骨に生えている大きな歯牙と上顎骨に生えている小さな歯の2種類の歯があることに由来しています。
翼竜としては、翼が小さく飛行能力もそこまで高くなかったのではないかと考えられています。

元々は魚食性だと考えられていましたが、最近の研究では顎の形状や飛行能力の低さから昆虫や小さな脊椎動物を食べていたのではないかと考えられるようになりました。

こんなのが飛んできたら正直怖いですね。


プテラノドン

Posted by ヤマイチ on   0 


「翼竜の代表格 プテラノドン



「空飛ぶ恐竜」として高い知名度を誇り、人気のある「プテラノドン」を紹介していきます。

大きな翼を持っていましたが、皮膜でできていた為、鳥のように羽ばたいて飛ぶことはできなかったようです。変わりに体重がとても軽く弱い風でも浮き上がることが出来たのでグライダーのように上昇気流に乗って一定以上の距離を滑空できていたと考えられています。ただ、力強く羽ばたく為の筋肉は鳥類ほど多くなく映画などで描かれるような人間を掴んで飛ぶのはできなかったとされています。

また、後頭部のトサカは、空中でのバランスをとるための舵の役割をしていた説や、オスのほうが大きかったことから求愛のディスプレイだったのでは?という説があります。

そんなプテラノドンですが、恐竜と一緒に描かれることが多く、混同されがちですが実は恐竜とは違う種別になるそうです。このブログを描くにあたって調べ直した際に知ってびっくりしました。

このカテゴリーに該当する記事はありません。