ヤマイチの恐竜図鑑

アルゼンチノサウルス


「地球史上最大級 アルゼンチノサウルス





前回は小さな恐竜を紹介させていただいたので、今回は超巨大恐竜「アルゼンチノサウルス」を紹介させていただきます。
アルゼンチノサウルスは長い地球の歴史の中で最も大きな地上生物と考えられ「陸生生物が大きくなりうる限界点の大きさ」とされています。
全長は35m前後でなんと12階建のマンションとほぼ同じ大きさです。

最大の武器はその巨体ですが、生まれた時の体長は50cmとサッカーボールほどの大きさで、40年かけて20000倍の大きさにまで成長します。アルゼンチノサウルスにとってこの急激な成長こそが肉食恐竜から身を守る方法でした。


大阪でジンベエザメを見た時にその大きさに圧倒された覚えがありますが、それの3倍デカイとか、、こんなに大きい生き物が歩き回っていたなんて信じられませんよね。

コンプソグナトゥス


「小さなハンター コンプソグナトゥス




恐竜と聞くと大きいイメージがあると思いますが、今回紹介するのは小型の肉食恐竜「コンプソグナトゥス」です。

現在化石が見つかっているもので70〜140㎝と成長しても手のひらに乗るくらいの大きさの恐竜です。化石の胃の部分からトカゲの骨格が発見されていて、小型の爬虫類や昆虫を捕食していたのではと考えられています。

コンプソグナトゥスを一躍有名にしたのが某有名恐竜映画です。そこでは、ピラニアのように集団で自分より大きな獲物に襲いかかる凶暴な生物として描かれていましたが実際の根拠はなく、あくまでフィクションとして描かれています。ですが、その印象は強く、私自身もその映画の影響で怖い恐竜というイメージを持っています。



該当の記事は見つかりませんでした。