ヤマイチの恐竜図鑑

恐竜たちの魅力を発掘!

オヴィラプトル

Posted by ヤマイチ on   0 

「 冤罪 オヴィラプトル 



今回紹介するのは「オヴィラプトル 」です。
オヴィラプトルはラテン語で「卵泥棒」という意味です。これは、発見された化石がプロトケラトプスのものと考えられていた卵の近くだったことから、他の恐竜の卵を盗み食べていたのだと考えられその名前がつきました。後の研究で、卵はオヴィラプトルのものだったということが判明し、実際には卵を孵化させている最中に巣で死亡したのだということが判明しました。しかし、名前の変更は効かず、今でも泥棒呼ばわりされている可哀想な恐竜です。

私が小さい頃は、まさに卵を盗んで食べていた恐竜と紹介されていて、その印象が強いです。最近の図鑑では、名前から誤解がないように抱卵している姿で描かれているものがほとんどのようです。



別冊恐竜図鑑③

Posted by ヤマイチ on   0 

「別冊 恐竜図鑑③」



「 恐竜の名前 

今回は、恐竜の名前についてご紹介します。
恐竜にも動物と同じようにそれぞれに名前がついています。
名前は「国際命名規約」に従い、ラテン語であることが決まりで、発見された恐竜はその特徴を元にラテン語に訳してつけられているそうです。


 〜サウルス 

みなさん恐竜と聞くと「〜サウルス」という名前が思い浮かぶかと思います。
サウルスはラテン語でトカゲという意味で、一番最初に名付けられた恐竜が「メガロサウルス=巨大なトカゲ」を意味しました。
昔は同じ種類の恐竜は最初の名前に習うという修正が強かったので「特徴+サウルス」という名前が恐竜の中で定番化されました。





〜ケラトプス

「ケラトプス」は「角の顔」という意味です。私の好きな「トリケラトプス」もその特徴のまま「3本の角のある顔」という意味で名付けられました。





〜ラプトル

映画などで人気が高い「ラプトル」は「泥棒、略奪者」という意味です。当初は、狩をする恐竜につけられた名前でしたが映画の影響もあり小型の肉食恐竜につけることが多くなりました。





発見された地名から

化石が発見された場所や地名から名付けられる場合も多くあります。特に日本の恐竜は地名からきている名前が多く感じます。





近年では、映画から名付けられた恐竜やゲームに出てきそうなおもしろい名前の恐竜などもでてきています。由来なども知るともっと恐竜の魅力を知ることができるかもしれませんね。










該当の記事は見つかりませんでした。