ヤマイチの恐竜図鑑

恐竜たちの魅力を発掘!

マイアサウラ

Posted by ヤマイチ on   0 

「 子育て恐竜 マイアサウラ 



「マイアサウラ」とは「良い母親トカゲ」という意味で、名前の通り子育てをしていた恐竜ということで知られています。
巣は地面に、直径1m、深さ50cmほどのクレーター状で作られていて、中で20〜25個ほどの数の卵がありました。
孵化させるには、体重が重すぎるため、鳥のように抱卵はせず、巣の中に敷き詰められた草が発酵する時の熱で卵を温めていたと考えられています。

孵化した子どもは、体長1mほどになるまでは、その巣の中で暮らしていました。
親が餌を運んで子育てをしていた説が有力ですが、子どもが自分で歩いて餌を獲りに行っていた説などもあるようです。

図鑑では、母親の子育てのことはよく載っているのですが、父親はどうしていたのでしょうか??夫婦で子育てをしていたのか?育児は母親に任せて巣を守っていたのか?それともどこかへ遊びに行ってしまうのでしょうか?




プロトケラトプス

Posted by ヤマイチ on   0 

「 白亜紀の羊 プロトケラトプス 




「プロトケラトプス」は「ヴェロキラプトル」と戦っている状態のままで化石になった「闘争化石」が有名です。戦っている最中に砂嵐に巻き込まれ化石になったのではと考えられています。今回はその様子を描いてみました。

プロトケラトプスは小型で角がほとんど目立ちませんが、トリケラトプス等と同じ鶴竜類です。頭数が多く群で生活していたことと、肉食獣に捕食されていたことから「白亜紀の羊」と呼ばれています。

子どもの頃の私は、見た目から「トリケラトプス」のメスかと思っていました。カブトムシのような感じでメスには角がないのかなと、、。

地元の岡山理科大学の恐竜博物館ではメインで展示されており、研究もされているようなので、一度行ってみたいです。


該当の記事は見つかりませんでした。